パラレルのバナー
サイトについて
寂しい気持ちが膨らんでいるのがどうしてなのか分からずに今までの結婚生活を過ごしてきました。その理由にようやく気付き、登録しています。
最近の投稿
ちょっと大人の関係を望んでます。まずはメールからどうですか?38~58歳ぐらいの方と仲良くなれたら嬉しいです。
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★★
ジャンル セフレ・割り切り
もっと詳しく見る
出会いひろばのバナー
サイトについて
ちゃんと会える人希望です。出逢い系でも出会いは大変だと聞いてます。そこで出会えたら嬉しいな・
最近の投稿
優しく思いやりのある人、一緒にいて楽しく過ごせる人!手をつないだり腕を組んでほのぼのデートとかいいですね。
料金 登録無料
評価 ★★★★
口コミ ★★★★
ジャンル セフレ・人妻
もっと詳しく見る
愛カツのバナー
サイトについて
お互い別の趣味で違う時間を過ごした後も、二人になった時に出来事について話したりしてお互いを束縛することなく一緒に過ごしたいと考えています。
最近の投稿
一度きりの人生、息抜きや秘密の楽しみとしてのお付き合いをしてくれる人を探しています。
料金 登録無料
評価 ★★★
口コミ ★★★★
ジャンル セフレ・知名度
もっと詳しく見る

セフレ掲示板を使ってセックスフレンドを作る具体的な方法は?

セフレ掲示板で出会うには

セフレ掲示板で出会うには、その書き込みの仕方に気をつけなければなりません。たとえば、掲示板でなくともチャット等でこのような書き込みを目にしたことはありませんでしょうか。「女の子、メールして」「エッチな話しよ」「会える人募集」「○○住みの子話そー」このような書き込みをしているようでは、はっきり言って出会えることはありません。

それはなぜか?これらの書き込みのすべてに、なんらかの下心が感じられるからです。女の子だけに連絡を求めることは、男女にしかできない何かを期待していると見えます。エッチな話しよ、会える人募集という書き込みも、言うまでもなく下心を感じさせます。同じ地域に住んでいる人に連絡を求めることも、そうでなければならない理由を考えれば、何かをたくらんでいることは明白です。女性という生き物は、男性の下心に敏感です。それをうまく隠せないような人は、まだ「お子ちゃま」であり、余裕もお金も持ち合わせない、連絡を取るに値しない人物であるのです。

それでは男を募集すればよいのか、と屁理屈を言う方はいらっしゃるかもしれませんが、セフレ掲示板というものは、そもそもセフレ掲示板として存在しているのではありません。それが本当は掲示板でなく出会い系サイトであったりしないかぎり、セフレ掲示板というのは、管理人が放置したことによって出会いを求める書き込みに溢れた無法地帯であったり、単にメル友や電話友達を募集するところであるはずが、実はそのほとんどすべてがセックス目当てであると噂されている場所のことを言うのです。つまり「セフレ掲示板」という名前のセフレ掲示板は存在しない、と。

それはいわば合コンのようなものなのです。男性側のほとんどは、その日のうちに女性とセックスすることを目的としていますが、表向きには、楽しい時間を過ごして、気が合えばその後個人的な関係へ、という体をとっています。そういう、本心を隠すべき場所で、「セックスしたい」だのなんだのと言ってごらんなさい。女性ばかりでなく、男性からも倦厭されるに違いありません。

掲示板でもそれは同じ。女の子と親密になりたいという欲求を追求するだけではなく、またその下心を露呈するのではなく、その場所における正しい役割を演じきる必要があるのです。建前上はセックスフレンドを募集するところではない場所で、それを求める書き込みをすることは、合コンの場でいきなり女性をセックスに誘うのと同じこと。そんな空気の読めない男に、女性が魅力を感じるはずがありません。感じたとしても、ろくな女ではないでしょう。

つまり、セフレ掲示板を使って出会うには、その場所に即した書き込みによって、まず女性に興味を持ってもらうこと、彼女らを安心させること、そして個人的に連絡をもらうことが必要なんですね。いきなりセフレを募集するなどと、あえてその入り口を狭くしてしまう行為は、やはりただヤりたくて仕方ないだけの余裕のない「お子ちゃま」のすることだと言わざるを得ません。

出会いに繋がる書き込みは

出会いに繋がる書き込みは、そういった下心を感じさせないもの、そして男女構わずウェルカムとしているものです。男性と一切連絡を取りたくないというのであれば、メールが来ようと無視をすればよいだけのこと。女性らしい人とだけ連絡を取っていればいいので、女性のみ受けつけるなどと書き込んで、相手に事情を詮索させてしまうようでは、いつまで経ってもセフレを作ることはできません。どんなことについて話したいというのを、男女構わずOKとして書き込むこと、そして男性は無視し、女性とだけ連絡を取ること。これがセフレ掲示板での正しいやり方なのです。

その話すテーマというのは、できれば女性が興味を持ちやすい内容であるとよいでしょう。たとえば、「恋愛のことについて相談がある」などと書くと、効果はてきめんです。女性はそういう話を好む傾向にありますし、また他人に恋愛のことでアドバイスすることに生きがいを感じる生き物です。もちろんこの方法では、利口な女性がつかまることはありません。が、セックスフレンドにしうる女性というのは、どこかしら考え方に欠陥のある人なので、頭の良い女性を相手取るよりは、恋愛話が大好きなちょっと頭の弱い女性をそのようにしてかき集めたほうが、セフレを作るには有効であるといえるのです。

もしそこで、作り話でもいいので、女の子がどうしても共感し、胸を痛めてしまうような話を聞かせてやれば、なおのこと成功率は上がります。それについては、どこかの小説から引っ張ってきてもいいでしょう。あまり大げさなものではなく、あくまで小さな事件や出来事を題材にすることを忘れずに。あまりに話が大きいと、女性が引いてしまうこともありますし、「自分の手には負えない」、「無責任なことを言うのは悪い」と判断して、連絡を取り合うことをやめようと考えてしまうかもしれません。ちょっと切ないとか、かわいそうとか、女の子の同情を誘うような話を、同情を誘わないつもりで話しましょう。そうすれば、大抵の女性はそれに共感し、真面目に相談に乗ってくれるはずです。

そこから、じっくりと時間をかけて、何日にも渡って連絡を取り合い、少しずつ「電話やメールでよく話す仲の良い友達」にシフトしていきましょう。そして充分に仲良くなった頃を見て、酔っ払ったふりをするなどして、エッチな話を持ちかけます。そこでの乗りがよければ、下ネタで盛り上がるなり、そのままテレフォンセックスをするなりして、とりあえずはその日は終わります。それからまた数日してから、いざデートに誘うのです。

そのときは、必ず「どうしてあなたを誘うのか」を明確にしてください。女性がいなければ行きづらい場所に行きたい、というのが簡単でしょうか。そしてデートに至ったら、酒を飲んで、街をぶらついて、ホテルを見かけたら冗談っぽく「入る?」と訊いてみるのです。もしあなたが好かれていれば、「えー」と迷うような素振りを見せますから、そのときは目を見つめて「お願い」といいましょう。そういう場合は大概にして、押せば誰もが折れるのです。

以上が、セフレ掲示板を使ってセフレを作る方法です。